MENU
ご予約・お問い合わせ 問診票ダウンロード

こどもが耳を痛がったとき

ホーム > 困ったときは… > こどもが耳を痛がったとき

こどもは中耳炎を起こしやすく、ちょっとしたカゼにもよく合併します。急に「耳が痛い」と泣き出しますし、
しかもたいていは夜間、診療時間外に起こることが多いのでご両親は慌ててしまいます。

 

夜間救急を行っている耳鼻科の病院は少ないので、これもご両親が困る要因です。
ただし、夜間緊急を要する中耳炎はとても少なく、まず痛みをとってあげることが大事です。

解熱剤の座薬や飲み薬

解熱剤の座薬や飲み薬があれば与えて下さい。これで30分から1時間位で症状はおさまります。
それでも強い痛みが続く場合には救急病院に相談してみて下さい。市販薬のアセトアミノフェン(小児用バッファリンなど)でも大丈夫です。

注意点

痛みは翌朝には治まってしまうことがほとんどですが、中耳炎が治ったわけではありませんので必ず耳鼻科か小児科を受診して下さい。
解熱鎮痛剤は中耳炎の時などに痛み止めとして熱がなくても使えます。

ご予約・お問い合わせ

ご予約はWeb予約Station
またはお電話からお願い致します。
本院
042-793-3055
受付: 9:00~11:45 / 16:00~18:15
(休診日:日曜午後・祝日)
分院
042-720-8868
受付: 9:00~11:45 / 15:30~17:45
(休診日:土曜午後・日曜・祝日)
TOP